12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

簡単トマトときゅうりサラダ

2009/01/31
トマトときゅうりサラダ



子供でも簡単にできる、トマトときゅうりのサラダです。
今日はすべて長女がつくったので、こんなできばえになりました。私が切って、盛り付けしたら、もうちょっとおいしそうになるんですけどねぇ・・・(笑)。

トマトを半分に切って、さらに5~7ミリぐらいの厚さに切ります。

きゅうりを斜めに薄く切ります。(写真では輪切りになっていますが、いつもはもっと斜めにして大きくしています)

トマトの上にきゅうりを並べて、塩、こしょう、大さじ1杯のサラダ油、大さじ1杯のしょうゆをこの順番に全体にかける。

少し冷やすとおいしいです。
カレーとかシチューの日の簡単サラダにいいですよ。
簡単すぎて、どうしようもないけど、ドレッシングも作らなくていいし便利。

何より子供が一人で作ってくれるのでたすかります。

うちの子はセラミックの子供包丁で料理をしています。
うちの子がつかっているのはこちら。。。



京セラ セラミック包丁 子供用タイプ


スポンサーサイト
20:11 こどもでも作れるレシピ | コメント(0) | トラックバック(0)

絵本にでてくるようなホットケーキ

2009/01/31
hotcake


今日のおやつは絵本からでてきたようなホットケーキ。

材料
薄力粉・・・100g
べーきんぐパウダー・・・小さじ1

卵・・・1個
牛乳・・・1/2カップ
砂糖・・・大さじ2
サラダ油・・・大さじ1


1.薄力粉とベーキングパウダをまぜてふるっておく

2.卵、牛乳、砂糖、サラダ油をまぜて 1 に入れて、泡だて器でまぜます

生地はこれでできあがり。

写真のように積んでみるなら、なるべく小さく、薄く焼くのがコツです。
2分ぐらいして表面にぷつぷつ穴があきだしたら、ひっくり返して裏側も焼きます。

ホットケーキを積むだけで、子供は大喜び。
6段重ね食べる~って言われたんですけど、そんなに量がなかったので、


hotcake2


結局生クリームをつけて、2枚ずつたべました。


19:24 お菓子レシピ | コメント(0) | トラックバック(0)

手作りドーナツ

2009/01/30
ドーナツ



今日のお菓子はドーナツです。

作り方は・・・

ホットケーキミックス・・・200グラム
卵・・・1個
牛乳・・・大さじ1杯
バター・・・10グラム(溶かしておく)

卵と牛乳とバターをよくかき混ぜて、そこにホットケーキミックスを加えてよくまとめます。
これをラップにくるんで、20分ねかす。

子供が食べやすいように小さめに(直径2センチぐらいに)まとめる。
180度の油できつね色になるまで揚げる。

お砂糖をまぶしてできあがり。

次女と一緒に小さくまるめて作りました。
近所のパン屋さんに小さな小さなドーナツが売っていて、もっと小さなのを作りたかったのですが、 思ったよりおおきくなってしまいました。

パン屋さんのは中にあんこが入っていてとってもおいしいんです。

次回はそれに挑戦!


20:40 お菓子レシピ | コメント(0) | トラックバック(0)

玄米カレー

2009/01/29
玄米ハヤシライス。

今夜は玄米カレー。

よく、オーガニックカフェとかおばんざいのお店なんかに行くと黒米カレーがありますよね。
見た目においしそうで、健康にもいいし、大好きです。

我が家では玄米にカレーをかけて玄米カレー。

パパは子供のころ、玄米が苦手だったそうで、「玄米とカレーなんてあわないだろう」っていってたんですが、最近では玄米でも納豆をかけたり、卵かけごはんをしたり、別に白米とかわらず食べています。
この玄米カレーも食べると歯ごたえがあり、よりおいしく感じます。

子供のころ、苦手だった人も一度食べてみてください。
今の玄米がおいしいのか、炊き方がかわったのか、よくわからないけど、「今のは食べれる。玄米っておいしくなったんだね」って母も言ってました。

今日は、玄米の上に鮭フレークを軽くのせて、それからカレーをかけて食べました。
シーフードカレーの味がします。
子供たちが大好きで、よくやりますよ。

玄米の炊き方はこちらから




きょう使ったルーはこちら  直火焼コスモ りんごカレールー・甘口 170g
20:01 肉料理レシピ | コメント(0) | トラックバック(0)

圧力なべで玄米を炊く。

2009/01/29
玄米




我が家では玄米と精米(白い米)両方購入して、交互に食べています。 精米は一番栄養のあるところを落として食べることになるので、もったいない食べ方をすることになるそうです。
とは、わかっているけれど、なんか玄米って固くて苦手って思ってたんですけど、 圧力なべで炊くと簡単においしく炊けて子供でも「おいしい」ってよろこんで 食べてくれます。


玄米3合にたいして水700ccにして、2時間ほど水にひたしておきます。
その後圧力鍋で20分炊くとあっというまに炊きあがります。

あと、米は無農薬のコメを取り寄せています。

私が取り寄せているのは

ばーちゃる熊農場

です。

ばーちゃる熊農場の小熊さんは一人で、無農薬のお米を作っていて、注文すると、 「今年は雪が深くて大変です」とか、「たくさん雨が降ってたすかっています」とか、お米の状況を知られてくれるので、お米が身近に感じられます。

無農薬のお米は高いと思われがちですが、小熊さんのところは、お手頃価格で、しかもおいしいです。
我が家は一ヵ月に精米5キロと玄米5キロを購入します。
一度、お米に虫が発生していたことが、あって、それを伝えると、 「虫もつかないようなコメは本当は悪い米なんだけど、それをがんばって、無農薬でやってもやっぱりつくことがある。でも、それで、買ってもらえないならもうやめようかな・・・。」などと 弱音をはかれたこともあります。
でも、私は、毎回虫がついたわけじゃなし、一度ついたぐらいでやめるのはもったいないですよ。 がんばってください。
と伝えると、その後も一人でまた無農薬のお米を作り続けておられます。

本当に日本人が健康で暮らすために必要なものを、せっせと手をかけ汗をかき、作ってくれる人が減るのは日本にとっても痛手です。
この前、テレビでスイスの映像が流れていました。
スイスの人はちょっとぐらい高くても、絶対スイスの農産物を購入するといっていました。
それはスイスの農業を守るため。

消費者が賢い国は結局その国を守ることができるんですよね。
これから食糧難の時代が来ます。日本の農業をまもっていくためにも賢い消費者になりましょう。


12:45 食に関するコラム | コメント(3) | トラックバック(0)

手作りさつまいもチップス

2009/01/28
さつまチップス



ayanさんのサイトにおいしいそうなお菓子のレシピが載っていたので、 早速つくってみました。

さつまいもをうす~く切って、水にさらし、よく水分をふきとって、油で揚げるというレシピ。

よく、うちでフライドポテトを作るときにも、うちの子たちは「薄くして」っていうんです。
薄くするとパリパリっとなって、おいしいことを知ってるんですね。
これなら、全体が薄いから絶対ハマル!と思ってだすと・・やっぱり大好評でした。

砂糖か塩、または両方を振りかけると書いてあったので、両方かけてみました。

おもしろかったのは、長女が「この塩甘いよおいしい~」といって食べていたこと。
それは塩じゃなくて砂糖なんだってば! って笑いながらしゃべっているうちにあっという間になくなりました。
毎日、お菓子何にしよう??って思っているので、お気に入りの一品になりそうです。


20:28 お菓子レシピ | コメント(0) | トラックバック(0)

ひじき入り玉子焼き。

2009/01/28
ひじきたまご



おでん→おでんの汁でひじきをたく

の次は残ったひじきを卵でまいたタマゴ焼きを作ります。
ひじきは我が家では多めに作って、一日分を その日に食べ、大さじ3杯ぐらいのひじきを残して残りはタッパーで冷凍します。
冷凍したものは2週間以内に食べます。

大さじ3杯ぐらいのひじきは、卵3つ割った中にいれて、よくかきまぜます。
醤油少々、塩少々、みりん少々を いれて、卵焼き用フライパンに油をひいて、卵焼きを作ってできあがり。

簡単だけど、栄養満点で、とってもおいしいです。
子供も大好き。

もともとおでんのだしでつくったひじきなので、だしまきたまごのようにいいだしの きいた味がしますよ。


20:12 卵料理レシピ | コメント(0) | トラックバック(0)

おでんの次の日はひじき。

2009/01/27
ひじき



我が家ではおでんの次の日にはひじきをたくことになっています。
おでんっていっぱい汁が残りますよね。
さらにうちは、ちくわやコンニャクも残るので、刻んで、それもいれます。

1.まず、乾燥のひじきの芽を水につけて戻し

2.昨日の残りのおでんの具材をきざみます。一緒に人参やあぶらあげも。

3.大さじ1の油を鍋に入れて、ひじきを炒めます。

4. 2をいれて一緒に炒めます

5.おでんの残り汁を入れます。たくさんあってもいっぱいいれていい。

(結構火を消したあとも水分を吸ってくれます) 6.味見をして、薄かったら醤油やみりんを足して、ある程度煮込んだら火をとめてできあがり。


おでんの汁がすでにいいだしがでているので、何ともおいしいひじきができます。
普通に作るよりずっとおいしくて簡単ですよ。


20:32 副菜レシピ | コメント(0) | トラックバック(0)

忙しい日はおでん。

2009/01/26
おでん



忙しいママの味方。今日のメニューはおでんです。
おでんは前の日から作っておけるので、忙しい日とわかっているときには前日に作っておきます。

前日の下ごしらえ・・・
・ゆでたまごをつくる
・さといものぬめりをとるため下ゆでする
・こんにゃくをゆでる
・大根をお米のとぎ汁で下ゆでして、くしが通るまでゆで、ゆで汁が覚めるまでそのままにしておく

うどんより濃い目のだしを作る
   調味料は・・・だし(こんぶとかつおでだしをとる)
           しょうゆ
           みりん
           塩
           こぶ茶(ここがポイント)

最初の4品をこのだしに入れて、しばらく炊く。
蛸を入れてまた20分炊く。

次の日、ねりもの(ごぼ天、ひら天、ちくわ、等)を入れて1時間ほど炊いてできあがり。

もし、家に石油ストーブがあったら、ついてる間中、ずっとのせておくとじっくりことことたけてさらにおいしくなります。
2、3日たつとさらにおいしいので、前もって作っておくといいですね。
ちなみに我が家はおでん大好き家族。みんながいっぱい食べるので、土鍋では足りません。
蒸し器の下の鍋でたっぷりつくります。

最初, 子供が、こんにゃくを食べなかったのですが、一口サイズの小玉こんにゃくに変えたところ、争奪戦で食べるようになりました。
味じゃなく、食べにくかっただけみたいです。。。


                       
21:01  | コメント(0) | トラックバック(0)

餃子の皮で作るピザ

2009/01/22
餃子2

今日は午前中に次女と一緒に餃子をつくりました。
次女にとっては家事も遊びの一環です。


餃子を作るので、キャベツをだしたら、「切りたい!切りたい!」というのですが、この前指を切ったばかり。
で、マルチチョッパーでみじん切りできるのでは?とやってみたところ・・
かなり簡単で超スピードでみじん切りができました。
私がザク切りして、次女がショッパーの中にキャベツを入れ、スイッチを押すという流れで、本当にあっという間にこんな感じ。。

餃子1


細かい!キレイ!

機械ってすごいですね~。

あとは皮を次女に20枚ずつ並べてもらって、私が成型しました。
餃子の皮は80枚あったのですが、15枚ほど余りました。
実家の母などは、最初からそういう場合は8等分して、8等分した中から10等分まとめて作るので、 皮を余らしたり、残したりすることはなかったのですが、私はどうもダメなんですね。

というより、今日は余らして最初からピザを作ろうと思ったのもあるんです(いいわけ?!)

餃子の皮があまったら、我が家ではピザを作ります。
これは長女に作ってもらいました。
少し粉をふったアルミホイルの上に(くっつかないように)皮をならべます。ピザソース(なければケチャップで代用)をぬり、シーチキン、ウィンナー、コーン、ピーマン、トマト、たまねぎなど家にあるものならなんでも・・を適当にのせて、上からピザ用チーズをかけるだけ。
あとはホイルのまま(今日は6枚まとめて)トースターでチーズがとけ、皮がちょっとこげるぐらいまで焼きます。

トースターから取り出すのが危ないですが、それ以外は子どもでも簡単にできます。お友達が来た時のおつまみにもいいですよ。

今日もまた、自分で作ったものを「おいしい、おいしい」と言って食べてました。ピーマンも苦手とかいうのに、不思議、自分で作ったものだけは本当にペロリと食べます。

逆に餃子のたねが残ったら、つくねのように丸めてフライパンで焼いてしまいます。
その場で食べるときもあるし、冷凍してお弁当のおかずにもなるので、便利です。

今日は、餃子を焼きで食べましたが、残りを冷凍し、あとは揚げ餃子や餃子鍋にして食べる予定です。
餃子鍋っておいしいですよ。
ベースはただのお湯に餃子をメインにちくわやしめじ、白菜、ねぎなど普通の鍋の材料を一緒にいれて、大根おろしとポン酢で食べます。
水餃子の鍋バージョンとでもいうのでしょうか。。
しめはうどんにします。
その時にはかま揚げ用に付け出しは別につくっておきます。

一度餃子をつくるといろいろ楽しめますね。
今日、作った餃子パパが食べたら、「いつものよりおいしい。買ったの?」って言われました。
たしかにみじん切りが細かいだけで、歯ごたえがなめらかでおいしかったです。
今度からはこのやり方で作ろうっと。



私がつかっているマルチクイックはこれ!


20:36 こどもでも作れるレシピ | コメント(0) | トラックバック(0)

子供でも簡単に作れるフルーツサラダ

2009/01/18
子供でも作れる簡単フルーツサラダ



このサラダ、とっても簡単なんです。
母に教えてもらったレシピなのですが、私も小さい頃から作ってました。
今日は娘二人でつくってくれました。

材料
 いちご・・・1パック
 バナナ・・・2本
 フルーツ缶・・1缶(甘さ控えめヨーグルト用がおすすめ)
 きゅうり・・・1本
 ヨーグルト・・・・約200g(小さい容器のパックなら2個ぐらい)
 マヨネーズ・・・大さじ2杯(お好みで)
 シナモン・・・少々


1.いちごのへたをとって半分に切る。バナナも輪切りに、きゅうりは乱切り、フルーツ缶のフルーツも大きかったら切ります。フルーツ缶は水きりしておく。

2.大きなボールにヨーグルトをいれます。(プレーンではなく味がついているもの)続いてマヨネーズも。

3.2にバナナを入れ、シナモンをかけ、まぜます。

4.いちご、きゅうり、フルーツ缶、をいれてまぜるだけ。

こんなに簡単なのに本当においしいんです。いちごが安くなるこの時期が旬のサラダです。
きゅうりが苦手な子もこれなら食べられるかも。

うちの子は自分が作ったものは特に「おいしい、おいしい」といって食べますよ。(笑)


23:14 こどもでも作れるレシピ | コメント(2) | トラックバック(0)

スイートポテトを作りました。

2009/01/17
スイートポテト


いつもいく地場野菜を売っているお店でさつまいもがとっても安く売っていたので、また、スイートポテトをつくることにしました。

以前作ったときには、すり鉢でさつまいもをつぶして作るという やりかたでしたが、今回は、クリスマスにもらったマルチクリックをつかってやってみました。

このレシピ 前、こにゃんさんのブログにのっていて、いつかマルチクイックを買ったらつくってみよう! と思ったものです。
こにゃんさんのそのページをリンクしようと思ったのですが、それがどこにのっているのか・・・見当たらず・・・相変わらずダメな私。

ということで、こにゃんさんのレシピの数量を微妙にかえた(というか娘が勝手に間違えた)今日のレシピを・・・

さつまいも 特大1本
砂糖  40g
牛乳  50cc
バター  50g
卵黄  1個
(照り用 1個)
1.さつまいもを圧力なべでふかします(10分ふかして自然放置にする)

2.マルチクイックのチョッパーに皮をむいたさつまいもと砂糖、牛乳、バター、卵黄をすべて入れてスイッチオン。よく混ぜ合わせる。

3.混ぜ合わせた2をアルミのお皿にスプーンですくってのせます。

そのうえにはけで卵黄を塗って、200度のオーブンで15分焼く。

軽く表面がきつね色になったらできあがり。

というものです。
今日は、次女と一緒に作っていたのですが、牛乳をいれすぎて、ちょっとゆるくなってしまいました。

だから、手で形をつくったりということはできないくらいゆるかったのですが、そのせいで、とってもなめらかで、おいしかったです。
マルチクイックでやったせいもあると思うのですが、やっぱり、すり鉢でするのとは全然違う!
口当たりがよくお店で買うよりよかったです。

それに普通の蒸し器で蒸すと30分かかるところが、圧力なべだと10分。
マルチクイックでまぜあわせる時間が5分ぐらい 焼く時間が15分とかなり時間が短縮されて、スイートポテトってこんな簡単に作れるの~?! って感じでした。
これなら3日に一回ぐらいつくってあげれそうです。

よく、100円でできるおやつとか50円でできるおやつとかネットで紹介されていますが、今日はさつまいもが本当に安かったので、100円でできるおやつでした~。



私がつかっているマルチクイックはこれ!


20:17 お菓子レシピ | コメント(0) | トラックバック(0)

いちごのクラフティ

2009/01/15
いちごのクラフティ



簡単手作りお菓子を作りました。

私は材料があれこれいるお菓子はキライ。
子供と一緒に家にある材料であっという間にできました。

材料
 ・いちご・・・130g

フィリング
 ・小麦粉・・・大さじ2
 ・卵・・・・・3個
 ・グラニュー糖・・・80g
 ・牛乳・・・・1cup

1.グラタン皿にバターを薄く塗っておきます。
2.いちごのへたをとります
3.卵と砂糖と牛乳を混ぜます
4.さらに小麦粉もそこへあわせます
5.皿にいちごを並べ、4を流しいれます。

天板に湯を張り、予熱をしておいた180℃のオーブンで25分焼きます。
お箸をさして、フィリングから液体がながれてこなければ、できあがり。

とっても簡単なので、子供が作ってくれました。
材料をはかるのと、オーブンにいれるのは私。

プリンの中にいちごがはいっている感じでおいしかったです。
いちごさえあれば、ほとんど家に常備しているものでできるので、お菓子がないときに つくります。

オーブンをつけるだけで部屋もあったまるし、これからいちごが安くなる季節ですので、ぜひやってみてくださいね。


20:25 お菓子レシピ | コメント(0) | トラックバック(0)

地場野菜を買っています。

2009/01/12
地場野菜

友達にお店を教えてもらって、最近は地場野菜を買っています。

環境のためにも、日本の農業を守るためにも地産地消が基本です。
地産地消とは、その場所でとれたものをその場所で消費すること。
遠くでとれたものを消費しようと思うと、そこまで運ぶのに、運送代かかり、そのためにガソリンも多く消費してしまいます。
運ぶ時間もかかってしまい、到着したときには新鮮ではありません。

私は特に海外のものは買わないようにし、日本のもの、そしてできるなら地場野菜と決めています。

私が購入しているお店は、朝にとれたての地元でとれた野菜を 安く販売してくれます。
本日のお買い物は・・・

セロリ・・・120円、きゅうり・・120円、たまねぎ・・・98円、カボチャ・・・100円、エリンギ・・・130円、ニンジン・・・98円、じゃがいも(キタアカリ)・・・98円、みかん・・・250円、りんご・・・198円、ねぎ・・・100円、ほうれんそう・・・100円、みず菜・・・100円、大根・・・100円、ブロッコリー・・・170円

で合計1782円でした。
これでしばらくもたせます。
野菜中心の生活をしているので、これにあと、卵、牛乳、豆腐、魚、お肉類を生協で注文し、生活しています。

以前は生協で野菜も注文していました。地場野菜ではないですが、無農薬の新鮮な野菜が手に入ります。

新鮮な野菜が食べたい、日本の農業を考えたいという人はネットで「地場野菜 住んでる場所名」で検索してみてください。
意外とたくさん売っているところがあるみたいですよ。

生協比較も参考に・・・


20:18 食に関するコラム | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。